キャッシュレス・消費者還元事業

カレンダー

2020年4月の定休日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930
2020年5月の定休日
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31

※赤字は休業日です

  • NEW
  • オススメ
商品コード:
Z-160

Z-160 吉野川河口(徳島県徳島市)

通常価格(税込):
1,420~16,300
販売価格(税込):
1,420~16,300
関連カテゴリ:
フォトサービス > 絶景を行く

[写真説明]


早春の夜を彩るシラスウナギ漁の集魚灯

 徳島県徳島市の吉野川河口付近で2月24日未明、ウナギの稚魚を取るシラスウナギ漁を撮影した。真っ暗な川面に黄や緑色の集魚灯をともした小舟が絶えず動き回って漁をする。稚魚は光に集まる習性があるので、川面に強い光を照らしておびき寄せるのだ。輝く光は、まるで大きなホタルのようにも見える。早春の夜を彩る幻想的な光景に魅了された。

 シラスウナギの体長は5センチほど。フィリピンのマリアナ海溝の深海で誕生し、黒潮に乗って太平洋沿岸を回遊し、日本の川にたどり着く。漁の最適日は月明かりのない、新月の大潮前後。稚魚は干潮から満潮にかけて、潮の移動とともに川を遡上する。集魚灯に寄ってきた瞬間、小さなたも網ですくいとる。撮影した日は午前2時から4時すぎに小舟が多く、50隻以上を数えた。漁期は毎年12月から4月まで。

 夜の川面を彩る幻想的な光景は、徳島市の「とくしま市民遺産」に選定される。人気のビュースポットは(下流から)阿波しらさぎ橋、吉野川大橋、吉野川橋の歩道から。漁は主に、干潟になっている南岸周辺でおこなわれる。この日は吉野川大橋に多くの写真愛好家と観光客が集っていた。河川敷や土手に駐車スペースがある。

 シラスウナギはその後、養殖されて成魚として出荷される。近年、歴史的不漁が続いているが、今年は全国的に豊漁という。この夏はウナギの値段が安くなるだろうか。楽しみだ。


[撮影データ]


ニコンD850 AF-Sニッコール24~70ミリf2・8 30分の1秒 絞りF2・8 ISO3200



[プリントサイズ・価格・送料]

当商品は★印写真になります。

  • フォトサービス:
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら