キャッシュレス・消費者還元事業

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

  • NEW
  • オススメ
商品コード:
Z-019

Z-019 三番瀬の干潟(千葉県 船橋市)

通常価格(税込):
710~8,150
販売価格(税込):
710~8,150
関連カテゴリ:
フォトサービス > 絶景を行く

[写真説明]


ミヤコドリの楽園

 「ピリー、ピリー」と甲高い声で鳴き、一斉に飛ぶミヤコドリの群れ。心躍る一瞬だ。この秋、干潟で大好物の貝を採食していた時のこと。ハヤブサがハマシギを襲うため急降下し、その瞬間、近くのミヤコドリ約230羽が驚いて飛び回った。海面には晩秋の日差しが輝いていた。
 舞台は東京湾奥部にある干潟の三番瀬(さんばんぜ)。千葉県船橋市のふなばし三番瀬海浜公園沖だ。ここは今、日本一のミヤコドリ越冬地として知られる。かつては数少ない鳥で見ることが難しかった。わざわざ定期渡来地の九州の和白(わじろ)干潟まで見に行き、遠くに数羽見て感動したことが懐かしい。
 東京新聞に連載「探鳥」を始めた1997年、三番瀬の渡来数は14羽だった。翌年は27羽に。毎年増え続け、2004年冬は100羽を超えた。初の渡来の記録は1986年4月の4羽。それが昨年は約350羽に達した。今年は400羽を超えるだろうか。増加の理由は、三番瀬が育む貝の豊かさだ。
 ここで二種の「みやこどり」が存在する「東京トリビア」を。昔から「都鳥」の雅称で親しまれるのは、実はカモメ科のユリカモメ。東京都の鳥として有名で姿は白い。本物はミヤコドリ科ミヤコドリ。黒と白の姿でくちばしが長い。二種ともに冬鳥でくちばしの色が赤いのが似ている。全長は本物が45センチで少し大きい。
 晩秋から冬の三番瀬はほかの水鳥も魅力的だ。特に千羽を超えるハマシギが密集して飛ぶ光景は何度見ても素晴らしい。探鳥は満潮から約2時間後、潮が引き始めて干潟が少し現れたころがベスト。近くで観察できる。


紙面より一部抜粋(2015年11月27日発行 東京中日スポーツ)


[プリントサイズ・価格・送料]


  • フォトサービス:
数量:

その他のオススメ商品

Z-010 三番瀬沖(千葉県 船橋市)

販売価格(税込): 710~8,150 円

Z-017 三番瀬のミヤコドリ(千葉県船橋市)

販売価格(税込): 710~8,150 円

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。