キャッシュレス・消費者還元事業

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

  • NEW
  • オススメ
商品コード:
Z-040

Z-040 入間川のササゴイ(埼玉県狭山市)

通常価格(税込):
710~8,150
販売価格(税込):
710~8,150
関連カテゴリ:
フォトサービス > 絶景を行く

[写真説明]


待ち続け 瞬時の狩り

 夏鳥のササゴイが、目の前を泳ぐ淡水魚のオイカワを一瞬で捕らえた。水しぶきが飛び散る。オイカワは雄で、繁殖期のため「婚姻色」となり、体の一部が鮮やかな赤に染まっている。厳しい暑さの中、食うもの、食われるものの野生のドラマが展開されていた。
 七月下旬、埼玉県狭山(さやま)市の入間(いるま)川の護岸で、五十人を超える野鳥ファンと一緒にカメラを構えた。夏空の下、ササゴイが子育てに励む季節。親鳥がひなに与える魚を捕食する瞬間を撮影しようと、皆が二十メートルほど離れた場所から狙っていた。魚が印象的な婚姻色になる時季は限られている。散歩する近所の人は「近ごろ他県のナンバーの車も目立つね」と言う。
 草が茂った広い中州に狭い川幅。下流にある広瀬橋近くのヤナギ林に、ササゴイの小さなコロニーがある。その数は十羽以上。水辺で魚を捕り、何回も巣との間を行き来していた。
 ササゴイは夏に渡来するサギの仲間で、全長五二センチ。羽の縁が白く、ササの葉のように見えるのがその名の由来という。シラサギ類より数が少なく、人気がある。
 ユニークなのは魚の捕り方だ。数十分も浅瀬の石の上で待ち伏せし、岩のように動かない。野鳥撮影の仲間は「トンボが頭の上で一休みした」と驚いた。
 撮影する側も動けない。根比べに負け、目を離した瞬間、狩りが終わっていたなんてことも多い。こちらも、ササゴイの心境にならないといけないのだろう。 


紙面より一部抜粋(2016年8月4日発行 東京新聞)



[プリントサイズ・価格・送料]


  • フォトサービス:
数量:

その他のオススメ商品

Z-036 御射鹿池(長野県 茅野市)

販売価格(税込): 710~8,150 円

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。