キャッシュレス・消費者還元事業

カレンダー

2019年12月の定休日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031
2020年1月の定休日
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031

※赤字は休業日です

  • NEW
  • オススメ
商品コード:
Z-053

Z-053 コミミズク 渡良瀬遊水地(栃木県栃木市)

通常価格(税込):
710~8,150
販売価格(税込):
710~8,150
関連カテゴリ:
フォトサービス > 絶景を行く

[写真説明]


黄金色の翼一瞬の煌めき

 今年は「とり年」。読者の皆さまが飛翔(ひしょう)の年になることを願い、フクロウ科のコミミズクのベストショットを。フクロウは「福が来る」として縁起の良い鳥とされる。ただし干支(えと)の酉(とり)はキジ科のニワトリ。
 栃木県栃木市の渡良瀬遊水地でこの冬、広大なヨシ原を飛ぶコミミズクを狙った。夕日が翼に色を染め、一瞬、輝いてくれた。枯れたヨシの穂も朱色に彩られ、幻想的な冬景色に。コミミズクは草が刈られた堤防の土手を何度も飛び回り、獲物のネズミなどを捕食した。互いに遠く離れていたが、一度に4羽を目撃。
 コミミズクは冬鳥としてシベリアなどから渡来する。全長は38センチほど。漢字は「小耳木菟」と書く。その名は頭にある耳羽が小さいことに由来。黄色い目の正面顔がユーモラスだ。
 昼間は草地の中で休息し、夕方から活動を始める。運が良いと明るいうちから飛ぶ。毎年越冬で訪れ、5、6年ごとに数が多い「当たり年」に。獲物のネズミが増えるのだろう。今年は当たり年のようだ。日没前には、飛ぶ個体が遊水地全体で8羽前後も。3月下旬まで見られる。
 特に、第2調節池北側付近の堤防は、観察がしやすい。昼すぎから連日、大勢の野鳥ファンが堤防の上に長い列をつくり異彩を放つ。200人を超えた日も。ただし風が強い日は飛ばない。昨年12月は3日間続けて撮影したが、風の影響でまともに飛んだのは1日だけだった。
 だが、風が強い日は約130キロ先の富士山がくっきりと望める。夕焼けに浮かぶ秀麗な姿は心を癒やしてくれる。この冬は、富士山を背景に飛ぶコミミズクを撮影したい。


紙面より一部抜粋(2017年1月12日発行 東京中日スポーツ)



[プリントサイズ・価格・送料]


  • フォトサービス:
数量:

その他のオススメ商品

Z-002 渡良瀬遊水地(栃木県)

販売価格(税込): 710~8,150 円

Z-013 渡良瀬遊水地(埼玉県 加須市)

販売価格(税込): 710~8,150 円

Z-030 渡良瀬遊水地(栃木県小山市)

販売価格(税込): 710~8,150 円

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら