キャッシュレス・消費者還元事業

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

  • NEW
  • オススメ
商品コード:
Z-055

Z-055 袋田の滝(茨城県大子町)

通常価格(税込):
710~8,150
販売価格(税込):
710~8,150
関連カテゴリ:
フォトサービス > 絶景を行く

[写真説明]


氷瀑 白と黒の競演

 厳しい寒さが続き、自然が氷の芸術を創造した。茨城県大子町の袋田の滝。1月27日朝、流れ落ちる滝が凍ってしまう「氷瀑(ひょうばく)」と呼ばれる神秘的な光景に出合った。完全凍結ではなかったが、氷の間を少しだけ水が流れる様に趣がある。黒い岩肌と、真っ白な氷とのコントラストが美しい。

 滝の高さは120メートルで、幅は73メートル。岩壁を四段に落下するため、「四度(よど)の滝」とも称される。一方で、平安時代末期の歌僧、西行法師が「この滝は四季に一度ずつ来てみなければ真の風趣は味わえない」と絶賛したから「四度の滝」という説もある。
 水戸黄門として知られる水戸藩主の徳川光圀(みつくに)も訪れたと伝わり、華厳滝(けごんのたき)(栃木県日光市)、那智の滝(和歌山県那智勝浦町)とともに、一般に日本3名瀑(めいばく)の一つに数えられる。2年前、国の名勝に指定された。
 さらに、NPO法人地域活性化支援センターによって「恋人の聖地」にも選定されている。2段目の滝の中央部の岩のくぼみがハート形に見えるのが、理由の一つだ。残念ながら岩は氷で隠されていた。その代わりか、目前の四段目に氷がハートのような模様を描いているのを見つけ、思わずにっこり。
 今冬は五年ぶりの完全凍結も期待された。だが「1月25日から3日間、9割まで凍結した。28日夜8時ごろ、氷がものすごい音を立てて崩れた。2月の結氷は難しいだろう」(袋田観瀑施設管理事務所)という。ならば、次は新緑の春に訪れようか。「四度の滝」なのだから。 


紙面より一部抜粋(2017年2月1日発行 東京新聞)



[プリントサイズ・価格・送料]


  • フォトサービス:
数量:

その他のオススメ商品

Z-036 御射鹿池(長野県 茅野市)

販売価格(税込): 710~8,150 円

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。