キャッシュレス・消費者還元事業

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

  • NEW
  • オススメ
商品コード:
Z-059

Z-059 早春の銚子漁港 (千葉県銚子市)

通常価格(税込):
710~8,150
販売価格(税込):
710~8,150
関連カテゴリ:
フォトサービス > 絶景を行く

[写真説明]


魚が来た!万羽のカモメ乱舞

 冬から早春に多くのカモメの仲間が集う銚子漁港(千葉県銚子市)を2月下旬、訪れた。岸壁に停泊する漁船の周囲には数千、数万を超えるカモメ類が見られた。漁船が入港と出港、水揚げする時は一斉に群れて飛んだ。まるでヒチコック監督の映画「鳥」のワンシーンのよう。驚きと同時に、漁港と野鳥が織りなす光景に魅了された。
 銚子漁港は6年連続で日本一の水揚げ量を誇る。2016年も約27万トンを超え、主要魚サバとマイワシが好調だ。マダイやカツオ、マグロ、サンマ、アジ、ヒラメなども多い。その理由は沖合に暖流「黒潮」と寒流「親潮」がぶつかり、魚の餌となるプランクトンが大量に発生するからという。利根川からも豊富な栄養が運ばれる。いい漁場が近くにあるのだ。
 水揚げの時、こぼれた魚や海面に捨てられた魚を求めて、カモメ類が集まる。その数と種類は多く、水揚げ量日本一を誇る漁港ならではの光景だ。冬から早春はセグロカモメとオオセグロカモメ、ウミネコ、カモメ、ユリカモメなどが多い。
 銚子漁港は今、日本有数のカモメ探鳥地に。平日に訪れたが、熱心な野鳥ファンに何人も出会った。「ワシカモメはどこですか」「あれはシロカモメ」「ミツユビカモメはかわいいね。感激」など。日本産で25種(アジサシ類除く)知られるカモメ類の識別は難しいが、バードウオッチングの時間は心地よかった。撮影を終えると帽子と望遠レンズに白いフンが付着。かすかに魚の匂いがした。


紙面より一部抜粋(2017年3月9日発行 東京中日スポーツ)



[プリントサイズ・価格・送料]


  • フォトサービス:
数量:

その他のオススメ商品

Z-036 御射鹿池(長野県 茅野市)

販売価格(税込): 710~8,150 円

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。