キャッシュレス・消費者還元事業

カレンダー

2019年11月の定休日
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
2019年12月の定休日
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031

※赤字は休業日です

  • NEW
  • オススメ
商品コード:
Z-063

Z-063 神磯の鳥居 (茨城県大洗町)

通常価格(税込):
710~8,150
販売価格(税込):
710~8,150
関連カテゴリ:
フォトサービス > 絶景を行く

[写真説明]


もう一つの太陽にカモメ翔く

 春はあけぼの。厚い雲と大海原の間に紫の帯が広がり、鳥居の中の水平線から日が昇ってきた。すぐ上に、ぼんやりとした赤い円が輝く。雲に日の光が反射しているのだろう。太陽が2つあるようだ。カモメの仲間が一瞬、もう1つの太陽を横切った。
 日本を代表する日の出スポット「神磯(かみいそ)の鳥居」(茨城県大洗町)を3日に訪れた。大洗磯前(いそさき)神社の鳥居のひとつで、岩礁に立っている。真東を向いており、太平洋から昇る太陽に照らされる姿は神々しい。初日の出は大勢の参拝客でにぎわう。水戸黄門としておなじみの水戸藩二代目藩主・徳川光圀公は、この地の景観をたたえる歌を詠んでいる。
 17年前、東京新聞の写真企画「海回廊を行く~関東沿岸1300キロ」で数日間、この鳥居を取材した。数多く撮影したが、鳥居と流れ星、満天の星の写真が採用され、日の出の写真はボツに。今回は雪辱を果たそうと挑んだ。当時は夜間撮影する人に出会わなかったが、今は必ず数人は見かける。日の出を狙う人も多い。デジタルカメラが普及し、写真が身近になったと感じた。
 2日間滞在し、昼間は近くの涸沼(ひぬま)に。この沼で3月中旬、カオグロアメリカムシクイという北アメリカに生息する小鳥が、日本で初めて確認された。全長は13センチほど。全国から連日、100人を超す野鳥ファンが集まった。レンズを向けるが、ヨシの茂みに隠れ、動きが素早い。黒い顔と黄色い胸が、かろうじて1枚だけ写っていた。


紙面より一部抜粋(2017/04/27発行 東京中日スポーツ、2017/04/14発行 東京新聞)



[プリントサイズ・価格・送料]


  • フォトサービス:
数量:

その他のオススメ商品

Z-036 御射鹿池(長野県 茅野市)

販売価格(税込): 710~8,150 円

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。

現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら