現在のカゴの中

合計数量:0

商品金額:0円

カゴの中を見る

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品名を入力

  • NEW
  • オススメ
商品コード:
Z-115

Z-115 コウノトリ(群馬県館林市)

通常価格(税込):
700~8,000
販売価格(税込):
700~8,000
関連カテゴリ:
フォトサービス > 絶景を行く

[写真説明]


きずなは再び舞う

群馬県館林市大島町の農耕地で十月二十八日、刈り田から飛び立つコウノトリ「きずな」。秋の田園を悠然と飛ぶ姿にしばし目を奪われた。ツルと見間違うほどの上品さ。その後、秋晴れの空にゆっくりと円を描きながら上昇し、視界から消えた。印象的な光景だった。きずなはコウノトリの野生復帰に取り組む千葉県野田市が、二〇一六年六月に放鳥した二歳の雄だ。今年三月に誕生し六月に放鳥された雌の「きらら」と、きずなと同じ日に放鳥された雄「ひかる」の三羽がこの秋、館林市内に飛来した。珍しい出来事だ。野田市が三年前に放鳥を始めて以来、九羽が放鳥された。二羽は死んだが、他は徳島、愛知、静岡、千葉の各県に暮らす。コウノトリは全長約一メートル、翼を広げると約二メートルになる大型の鳥だ。かつて全国に分布していたが、一九七一年に野生では絶滅した。人工繁殖の努力が続けられ、兵庫県豊岡市の「コウノトリの郷公園」が二〇〇五年九月から放鳥を開始し、現在百四十六羽が日本の空を舞う。「三日の昼すぎ、コウノトリ三羽が渡良瀬遊水地を飛んだ」と鳥仲間から連絡をもらった。四日朝に現地を訪れると、栃木県小山市が設置した人工巣塔周辺の池で、きずなだけが確認できた。採餌を終えて巣塔に上がり、巣材のヨシをくちばしで動かした。数時間後、館林市方面に飛んだ。この巣塔でいつか子育てが行われる日々を期待したい。

紙面より一部抜粋(2018年11月8日発行 東京新聞)

[プリントサイズ・価格・送料]


  • フォトサービス:
数量:

この商品に対するお客様の声

この商品に対するご感想をぜひお寄せください。